徹底的な白髪対策【紫外線を浴びないことが大切】

最新記事一覧

食品で白髪を予防する

ウーマン

ヨウ素やチロシンなどが鍵

髪の黒色はメラニン色素によるもので、この色素はメラノサイトという細胞で作られます。そして、この働きに不可欠なのはチシロナーゼという酵素です。様々な要素が合わさって黒い髪が生まれるわけですが、これらの働きをサポートする成分には、ヨウ素やチロシン、銅があります。この栄養素を取ることで必ずしも白髪対策になるとは限りませんが、意識的に取って損をすることはないでしょう。ヨウ素を多く含む食べ物は昆布やワカメ、海苔などの海藻類やイワシや鯖、ブリなどの青魚です。昔から海藻を食べると豊かな髪になると言われていたので、白髪対策になることが期待できます。それからチロシンが多く含まれるのは、チーズ類や脱脂粉乳などの乳製品やバナナやりんごなどの果物、カツオやマグロ、ちりめんじゃこなどの魚類です。その他、大豆やアーモンド、落花生などの豆・ナッツ類も挙げられます。また、銅を多く含むのは、豆類やごぼう、にんにく、パセリなどの野菜類、そばやサツマイモなどの穀類です。さらにホタルイカやえびなどの魚類や杏やプルーンなどの果実類にも銅が含有されています。こうした食品は、睡眠前に取るとさらに効果的だと言われているので、夕飯になるべく取るようにすると効果的な白髪対策になるかもしれません。また、頭皮の血流を促すしょうがなどを取るのもいいでしょう。ただ白髪対策に躍起になって毎日同じ食品を取るのではなく、バランスの良い食事をすることは大切です。

Copyright© 2018 徹底的な白髪対策【紫外線を浴びないことが大切】 All Rights Reserved.